Menu

大人ニキビの原因は複数 段階的に解消を 2017年9月16日

毎月繰り返してしまう大人ニキビ。ニキビに効くとされる化粧品を使ってみるものの、ニキビの撲滅には至らない。化粧で隠すのは良くないと知っているけども、化粧をしないで人前に出るわけには行かない。こんな状況で困っている女性は世間に多くいます。

どうして大人ニキビは出来てしまうのか。大人ニキビの原因は複数あります。一つ目はホルモンの影響を受けること。二つ目はお肌の乾燥。三つ目は生活習慣にあります。

  • 黄体ホルモン

一つ目のホルモンは生理前に顕著にニキビに関係しています。生理前になるとどうしても黄体ホルモンが分泌されるので、お肌が油っぽくなってしまいます。普段よりも毛穴から多く皮脂が分泌されるため、ニキビになるリスクが高まります。

  • 肌の乾燥

乾燥もニキビになりやすい状態を招きます。毛穴から皮脂がいつも以上に分泌されるにもかかわらず、乾燥によりお肌、もしくは毛穴が乾燥気味だと十分に毛穴が開かないので、毛穴に皮脂が溜まって排出が困難になります。皮脂が毛穴からスムーズに出ていく状況であれば、生理前のお肌でもニキビはできにくくなります。

  • 普段からの生活習慣

三つ目の生活習慣は食べるものや睡眠時間のことです。食べ物はお肌に直結していると言っても過言ではありません。脂っこい食事を続ければ、お肌も皮脂が増えてニキビの原因になります。黄体期は油分を控えた食事を摂る工夫も大切です。また、ゴールデンタイムと言われている夜10時から夜中の2時まではしっかりと睡眠を取ることで、成長ホルモンが肌のターンオーバーを促すので、ニキビを防ぐためには欠かせません。

まとめ

大人のニキビは複数の原因が重なってできることが特徴です。まずは出来ることから取り組んで、自分のお肌に合ったお手入れを見つけることが、大人ニキビの解消に繋がるはずです。

ニキビ化粧水 人気 ランキング

カテゴリー スキンケア